laptop-2598310_1920

2020年になり"パソコン"自体の需要や、"ブログ"といった存在がどのような立ち位置に置かれているかを整理していきます。
■まずはじめに...
このブログの最終更新から約3年半ほど経っていまして、とてもお久しぶりの更新です。
最近過去の産物を漁っていたところ、このブログが発掘されたのでいい機会ですし更新してみようと思います。
当時は高校生だった自分も現在では社会人として仕事に苦悩しております。

■みんなでパソコンクラフトについて
全ての記事を合わせても25記事程しか書いていなかったのですが、アクセス数は約5万と自分でも驚きの数字となっていました。
アナリティクスや、アドセンスの表示スコアが結構いい感じになっておりまして、当時作成した当ブログのデザインや、SEO対策にただただ感心しておりました。
現在の状況はこれくらいにしておいて、そろそろ本題に移りましょう。


■2020年現在のパソコンの需要
簡潔に言えば"需要はかなり下がったが、無くてはならないもの"といった表現ですかね。
もしかしたら"無くてはならないもの"という表現も何年か後には変わってるかもしれません。
時代の流れは怖いですね。
とは言え...
パソコンのパーツや、開発環境も日々進化し続けているので、常に新しい物を追い続けるのは楽しいですね。
更新が止まっていた3年半くらいで個人的に大きな変化だと思ったのが、
CPUと言えば"Intel"が、現在"AMD"と競合していることですかね。
amd-logo-circuit-background-1200x628
1200px-Intel-logo.svg

"AMD"が出しているCPU、"Ryzen"シリーズのコストパフォーマンスがとても魅力的なものになっています。
今自作PCを組むのであればAMDベースで組むのがいいかもしれません。
今度時間がある時に記事を作成しようと思っています。




パソコンの需要と言えば、ここ数年でとても感じるのが、
"若い層がパソコンを使えない"ですね。
自分もまだ20代なので若い層というくくりにするのもどうかと思いますが、論点はそこではなく、
スマートフォンの普及によってパソコンを使う必要性がほぼなくなったところです。
スマートフォンの進化は早く、動画編集や画像加工といった今までPCスペックさえ求められていた事も今では出来るようになっていますからね。
パソコンでゲームや動画編集をしたい場合はそれなりのスペックを要求され、お金を使うなら
当然、スマートフォン一つで全てが出来るようになるならパソコンの需要は少なくなります。
その結果、パソコンを必要とする機会がなくなり使える人が少ない環境です。
使用者が少なくなるという事は業界も何かしらの手を打たなくてはいけなくなる、といった事が数年で起こりそうですね。


■ブログの存在
数年前までは自分も他社のブログを見て情報を集めていたのですが、今ではSNSに頼りっきりです。
これもパソコン同様にSNSがあることによってブログの存在意義が薄れていますね。
とは言え、個人的にはSNSの普及が結構怖かったりします。
何故かというと、ブログには引用や、参照ソースというものが大体つけられていたので確かな情報を得られていたのですが、SNSには文字数制限などもあるため基本的にソースがありません。
SNSは不確かな情報が多いことに加え、拡散も早い為、一度出てしまって拡散された誤った情報を確実に消し去ることはほぼ不可能です。
以上の点を踏まえてSNSに頼り切るのは問題ないのですが、自分の確実に知りたい分野に関してはブログで情報収集するといった使い分けがいいかもしれませんね。


■まとめ!
結局のところパソコンもブログも需要は下がっているものの、無くてはいけない存在レベルです。
知らぬが損という言葉がありますが、その通りでそれぞれの使いどころをしっかりと理解した上で
必要なのか、不要であるかを判断し、適切に使いこなしてる人が賢いですね。
今回はざっくりとした内容の記事になってしまいましたが、今後少しずつではありますが記事を更新していきたいと思います。
暫くはPC周辺機器の紹介や、自作PCの構成を記事として作成していこうと考えております。