HTML_logo
今回は、初歩的なプログラミング言語である”HTML”についての解説をします。 
■HTMLとは何か?
 ウェブページの作成言語のことです。
基本的にあなたが見ているwebページはほとんどHTMLが使用されています。
もちろんこのブログもHTMLで構築されています。
深く考えずにwebページと思っておいても問題ないでしょう。

■headとbody
HTMLを構築する際に"head"と"body"というHTMLの本体があります。
headというのはタイトルや、メタタグ(後ほど解説)、主にページ上部のパーツです。
bodyは記事欄や、サイドバーなど、ページの中核を表します。
この2つがHTMLの本体となるので覚えておきましょう。

■タグを覚える
HTMLというのはheadやbodyなどを記述しても反映されません。
この場合”タグ”という形にしてHTMLを構築します。
タグの形にするには<>このかっこを使用します。
headの場合
<head>
このように記述します。
そして、HTMLの要素を終了させるときは必ず/(スラッシュ)をつけます。

<head>内容</head>
このように記述することでheadタグの内容を記述することができます。
まぁ、タグは後々たくさん紹介しますので後ほど。

■CSSとの関連
HTMLのみでサイトを構築することはできません。
HTMLはあくまで要素にすぎません。言い換えればパーツです。
図で解説すると以下の通りです。
html
画像のように、HTMLがパーツの役目をし、CSSによって形にします。
これだけ頭に叩き込んでおけばあとは簡単です。

これにて基礎偏①は終わりです。
②では実際にメモ帳を使いながらサイトを作って行きたいと思います。
文字ばかりで見づらかったかもしれませんが、最後までみていただきありがとうございました。
↓バナークリックで応援お願いします!↓


【おすすめ書籍】
スラスラわかるHTML&amp;CSSのきほん
狩野 祐東
SBクリエイティブ
2013-05-28